トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2012年11月



 




11月21日(水)


雨が多い11月前半を経て、2012年札幌の初雪は18日。同日に東京では木枯らし一号。全国的に冬へと季節が動く時期。
そして6月から勝手に様子を見守っていたマガモたちは、公園の池から姿を消した。かすかに寂しさの余韻を残して。


  朝晩の冷え込みは強くとも、

  今月も前半はかろうじて秋。

  まだこのような光景がたくさん

  見られました。






  雨が殊のほか多い印象の11月。

  過日、サイクリングロード雨上がり

  の早朝。






  澄んだ空気にじょじょに朝日の光

  が溶け込んできました。

  本当に清々しい透明感。

  ラジオ体操の

  「あーたーらしいあ〜さがきたっ
   きーぼーうのあ〜さ〜だっ」

  を形に表わしました、という感じ。




















ここから10日後の11月18日、札幌についに初雪が舞い降りる。











実際には、舞い降りるという可憐な印象はなく、「荒ぶる初雪」が適切ではないかと思う。
ビニル傘を破壊する激しい暴風雪、おまけにその途中に稲光と雷鳴が参加表明。なにやら凄まじい天候で、用を済ませに出かける道すがら早速雪まみれになる。


  初雪翌日、既に

  「前からこんなでしたけど?」

  と言わんばかりに冬景色。





この日は公園に立ち寄ることができた。
ちょうどカメラも持参しており、「マガモちゃんたちと雪景色」を勝手に激写予定とする。






・・・やけに静かだ。風の音すらしない。空気がぴたりと止まっているような錯覚を覚える。
珍しく人の影もまったくない。どこか普段と異なる不穏な雰囲気を感じないでもなかった。


  あれ、マガモちゃんがいない。






  マガモちゃんが

  ここにもいない。






  マガモちゃんが

  ここにも・・・いない。





マガモちゃんたちはもうどこにもいなかった。一日前の初雪を前に旅立ったのだろうか。

このようにがらーんとしている池を見るのは久しぶりだった。思いがけず寂しさを感じる自分に驚く。
ささやかに日常を彩ってくれていたのだな、としみじみ思う。写真もずいぶん撮らせてもらった。

暖かな場所で、どうか達者に暮らしておくれ。
でも気が変わったら、いつでもみんなで戻ってきておくれ。




トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2012年11月