トップページ > 日記・雑記帳



 

 

3月21日(木)


近所にあるいつもの公園を通ったら、新顔の猫がくつろいでいました。

野良猫 画像

野良猫 画像

野良猫 画像

野良猫 画像


これはまた綺麗で愛らしい猫だなあと写真を撮っていると、居合わせた女の子が話しかけてきてくれ、色々教えてくれました。
中学校のものと思しきジャージを着た、利発そうなお嬢さんでした。

この新顔の子は、最近捨てられたばかりであること。
この公園にいる何匹もの猫たちは、近隣住民で世話をしているいわゆる「地域ネコ」であること。
子供ができないように処置(去勢)してある子は、その印として片方の耳が欠けていること。

彼女が詳しいので、「おうちでも猫を飼っているの?」と思わず尋ねると、「うちでは飼っていません」との返答。そうは見えないほど猫との接し方が上手で、猫の方もかなり気を許している様子が窺えました。

ちなみに、以前からこの場所にいるこちらの方は、もはやこのような好待遇に・・・!

地域ネコ 画像


この公園を棲家にする猫たちは、小さなお子さんから中学生の女の子、高校生の男の子、若いカップル、年配のご夫婦、本当に様々な人たちに愛され、可愛がられています。時折なんちゃってカメラマンになる私も、彼らを見守りながらまたその姿を収めていければと思います。

野良猫 写真


* * *


早春の池はメンバー勢ぞろい。

アオサギ 画像
アオサギ(蒼鷺)/ペリカン目サギ科アオサギ属


コサギ 画像
コサギ(小鷺)/ペリカン目サギ科コサギ属

シラサギ 画像

コサギ 捕食
コサギ(小鷺)の捕食場面


カイツブリ 捕食
カイツブリ(鳰)の捕食場面/カイツブリ目カイツブリ科カイツブリ属


カワウ 画像
カワウ(河鵜)/カツオドリ目ウ科ウ属

カワウ 画像

カワウ 画像


さて、おなじみカワウさんですが、どうも前回運命的出会いを果たしたコサギさんの姿を探しているように見えて仕方がありませんでした。ずっときょろきょろ辺りを見回しているし、すれ違ったカルガモさんはスルーだし。
まあ、普段から挙動不審なタイプなので(失礼)、一概には言えないのですけれど。


私自身も、つい今しがたまで視界に入っていたコサギさんが見当たらず、一緒にきょろきょろ探す始末。そして高い木の上に純白の姿を発見。どうやらコサギさんは、カワウさんが現れた途端に水辺を離れ高い木の上に避難していた模様。高所に向かい存在を誇示するカワウさんにも相変わらずのノーリアクション。諦めた(?)カワウさんは、潔く飛び去って行ったのでした。
・・・なんだかだんだんカワウファンになってきたかも。


飛び去るカワウ(河鵜)/カツオドリ目ウ科ウ属


* * *


多々問題視されるカラスも、単純にまじまじと見れば黒一色のかっこいい鳥。

ハシボソガラス 画像
ハシボソガラス(嘴細烏)/スズメ目カラス科カラス属


* * *




ミシシッピアカミミガメ 画像
ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)/カメ目ヌマガメ科アカミミガメ属

ミシシッピアカミミガメ 画像

ミシシッピアカミミガメ 画像


* * *


ここまで接近する両者を目にするのは初めて。牧歌的な池周辺に、なぜか漂う微妙な空気。

コサギとアオサギ
コサギとアオサギ

シラサギとアオサギ


こちらの組み合わせは、もはやアオサギが引率の保護者にしか見えない・・・

カルガモとアオサギ
カルガモとアオサギ

ミシシッピアカミミガメとカルガモとアオサギ
ミシシッピアカミミガメとカルガモとアオサギ


アオサギ


* * *

久しぶりの烏骨鶏(うこっけい)さん。

烏骨鶏(うこっけい)/英名:Silky Fowl
烏骨鶏(うこっけい)/英名:Silky Fowl

烏骨鶏(うこっけい)/英名:Silky Fowl


こんなに真っ白ふわふわな烏骨鶏さんですが、「烏骨(=黒い骨)」との名前が表す通り、衣の下は皮膚から骨まで全てが黒いそうです。毛も黒いタイプも存在するようですが、私はお目にかかったことがありません。


クリスマスローズ 画像
クリスマスローズ


3月3日(日)


先月2月の日記 で紹介した、個性と魅力に溢れる猫です。どうやら同じ公園内にずっと滞在している模様。

野良猫 画像


心なしか、地面に丸まっていた先月の時より若々しく見えたり。太めのおみ足もたまらない。(失礼)


野良猫 横浜


猫ならではの、魅惑の不機嫌フェイスの持ち主。

野良猫 横浜


先の猫となんとなく行動を共にしているように見えた初対面のお方です。
それにしても、みんな野良猫とは思えないほど綺麗な毛並みをしてると感じます。

野良猫 画像


野良猫 画像


野良猫 画像


風が強い日で、猫たちは少々寒そうにしていました。
辺りの木々も絶えず揺れておりましたが、個人的には竹の軋む音が妙に好きで、耳に届く度にもっと長く続いてほしい気分になります。

竹藪 画像


2月終盤の時点で早くもカワヅザクラが開いている場所がありました。遠目からでもその一箇所だけ華やかに色づいている様が際立って見え、本来の進路ではなくともふらふらと引き寄せられ、遠回りを楽しいものにしてくれます。

カワヅザクラ 画像


梅の花もほぼ満開です。側を通ると、急激に空気が変わり素晴らしい香りに包まれます。

梅 画像


梅 画像


猫たちが棲む公園内にある古民家では、雛人形や吊るし飾りが展示され圧巻の光景となっていました。

せせらぎ公園 ひな人形 吊るし飾り 画像

吊るし飾り 画像





ひな人形 せせらぎ公園 古民家

雛人形 せせらぎ公園 古民家

せせらぎ公園 古民家


* * *


一方、こちらは私の雛人形。昔、若い娘時代に母が贈ってくれました。
手の平に乗る福々しいお内裏さまとお雛さまは、とてもかわいらしくてお気に入り。
一年に一度しか取り出して飾らない性質のものなので、いまだに歳もとらず綺麗なままです。

背後のペーパーファンは、自分で作ってみたもの。和紙を扇状に折り込んだものをふたつ合わせて円にしている形です。黒地の友禅和紙と金色の和紙を組み合わせてみましたが、色柄によって様々なバリエーションが試せそうです。



* * *


雛飾りで明るさが増す古民家の眼前に広がる池に、突如カワウさんが出現!

カワウ 画像
カワウ(河鵜)/カツオドリ目ウ科ウ属


昨年5月の日記 で紹介して以来、二度目の対面です。黒いボディに黄色いほっぺと水色の目がチャームポイント。

カワウ 画像


カワウ 画像


威風堂々と黒い羽を広げる姿は、さながらオーケストラの指揮者という趣。

カワウ 画像

カワウ 画像

カワウ 画像


実際のところ、カワウさんの羽は水を弾きにくく、濡れた後は積極的に乾かす習性があるため、ほかの鳥よりちょっぴり壮大な羽の広げ方になる感じなのだと思います。

カワウ 画像


カワウ 画像


カワウ 画像


一方、先月と同じく、 コサギさんもまたこの水辺に寄っていました。

コサギ 画像
コサギ(小鷺)/ペリカン目サギ科コサギ属


コサギさんの存在にまだ気づかずに、自由気ままに泳ぐカワウさん。

カワウ 画像


ま、まさか運命の出会い・・・なのか?


なかなかのいい雰囲気から、羽を広げてカワウさんのアピールタイム開始。ちょっと露出狂っぽくなっている気がしないでもないのだが・・・
対するコサギさんは、完全にノーリアクションでありました。がんばれカワウさん。負けるなカワウさん。

なお、池の側を元気に駆け抜けて行った少年たちが、「あっ、クロサギだ!」と叫んでいました。
気持ちはよく分かります。そうとらえるのが自然です。シラサギ(コサギ)に絡んでいる、似た印象の黒いボディの鳥だもの。
ただ、一見怪鳥風の黄色いほっぺをしているお茶目な黒い鳥を見たら、今度からカワウさんと呼んであげてネ。

ちなみに、私はクロサギにはまだ出会ったことがありません。さぞ格好いいのでしょう。一度ぜひお目にかかってみたいものです。


* * *


さて、冒頭の猫ですが、薄暗くなりはじめた夕刻、落ち葉をクッションに単身でくつろいでいたところに異変が。
女性二人と一緒に散歩中の犬が、もうあの子に興味津々状態。傍目にも制御が難しそうだと分かる勢いで猫(へ)まっしぐら!

 


もちろん猫に対して危害を加えるのが目的ではなく、遊びたい・じゃれあいたいという気持ちが始終見て取れました。
が、猫からすれば、徹頭徹尾警戒と抵抗以外にすることはないという状況だったと思われます。これぞ温度差というもの。

ある程度時間を経て、満足して背を向け立ち去る犬なのでした。

犬と猫 画像


見送る視線から、「ナニあいつ!?」 との心の声がはっきり聞こえてきたような・・・



* * *

とりとめなく、いろいろギャラリー。

ノラネコ 画像


猫画像


カワヅザクラ 画像



猫 後姿 画像


猫 後姿 画像



猫 アップ 画像


野良猫 公園


野良猫 公園


梅画像


猫画像




トップページ > 日記・雑記帳