トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2017年2月



 




2月16日(木)


寒空の下のツグミ
(鶫)さん。



寒空の下のレディ・アトリ
(花鶏)。スズメ目アトリ科アトリ属。

アトリは、以前に一度だけ雄に会いましたが(2015年4月の日記)、レディとはやはり印象がかなり違います。

色合いは派手ではありませんが、実に緻密で美しい模様です。



中央やや下に白い綺麗なお方が佇んでいます。完全保護色のシラサギ(白鷲)さんのようです。
「シラサギ」とは全身が白色をした鷺の総称で、こちらは正確には「ダイサギ」さんかと思われます。

シラサギさんはせっかくの初対面なのに、残念ながら遠すぎかつ人が到底入れない場所でどうしようもなく・・・

アオサギ(蒼鷲)さんとの戯れ。返す返す遠すぎて姿を鮮明にとらえられなかったのが無念。

その後、微妙な距離感を保つ両者。何かの鍛錬なのかと思うほど長時間同じ姿勢で微動だにしませんでした。

突如、レディ・マガモ着水!



真っ白の世界、遠くにぽつりときつね色が灯る。





現在、水面下でこのウェブサイトを作り替えている。

数万という膨大なファイル数に対応し、数千ページの一ページごとにちょびちょび歩みを進める気が遠くなるような作業である。

私は普段「Google Chrome(グーグルクローム)」というブラウザを使用しているが、最新版で基本フォントの表示が変わってしまい、文字間隔が大きくなり、それによりスタイルシートで制御しているにもかかわらずこのサイトのレイアウトはがたがたに崩れてしまった。

表示フォントを設定で元に戻せばよいという問題ではなく、そういった変化に脆い事実が大問題なのだ。

自分のウェブサイトは、「Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)」の最新版でも表示や動作の確認をしている。しかし、そのほかのブラウザではどう表示されるかまったく把握していない。数あるブラウザ全部を導入してチェックするなど到底現実的ではないし、いずれにせよ、全てのブラウザで表示を統一させることなど不可能だ。そうなれば、極力閲覧環境に左右されないサイトを目指すしかない。結局、一番問題が起きにくいのは「簡素」であることなのだ。

よい機会なので、増え続けるオーダーメイド商品の整理もしつつ、画像や説明コメントも一点一点見直しながら、少しずつ新しくしている。

早く終えてすっきりしたいものだが、ゴールは一体いつのことになるやら。




トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2017年2月