トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2016年10月



 




10月31日(月)


このふた月くらいは、カメラを手に散策する機会をまったく持てず。天候の都合、仕事の都合、時間の都合、色々だ。

仕方がないので、過去の画像フォルダをごそごそと探り、9月頃に撮った未掲載の写真を少し発見。(男女モデル:マガモさん)



6月の日記 で、普段聴き惚れているクラシック曲をざっと書き出してみたので、今回はクラシック以外の好きな曲を挙げてみました。

■十二月のセントラルパークブルース
(Mr.Children)

人をくったような歌詞と、それにぴったりお似合いのピアノが効いたいかした演奏が癖になる。聴いても聴いても飽きないお気に入り。


■有罪
(THE BOOM)

「島唄」で有名なTHE BOOMの劇的なバラード。現実の愛はこんなにも美しくないことを知っていても引き込まれる格調高き世界観。


■手紙
(THE BOOM)

歌ではなく独白が大半を占める、個人的には本来ならあまり得意ではないタイプの曲のはずも、魅惑的な声と語り口に格好良く合わさる演奏の前にはまったく関係なくなる。


■Viva!
(Bond)

欧州の女性4名の弦楽四重奏。昔テレビコマーシャルでも流れていたと思う。魅力の高い楽曲は本当に色褪せないなあと感じる。


■Cherry's Dance

ロバート・ロドリゲス監督の映画作品「プラネットテラー・イン・グラインドハウス」の主題曲。
昔一度観たきりなので物語の内容はあまり覚えていないが(たしかゾンビもの)、冒頭のヒロインのポールダンスシーンを飾るこの曲はあまりに最高すぎて、いまだに大好き。


■secret base 〜君がくれたもの〜
(ZONE)

たまたまラジオで流れていたのを聴き、ハートを射抜かれた。少年二人の幼い友情を歌っているようだ。「君といるだけで日常が輝く」と思い合える友達を、どれだけの人が人生の一時であっても持てるのだろう。
昔、映画「スタンド・バイ・ミー」を観て号泣した時と似た感覚。「子供時代は良かった、戻りたい」などという感傷ではなく、「人生の儚さ・無意味さ」を改めて思い知らせてくれる優しい槍として突き刺さるのだと自分では思う。


■三年又三年
(Chan Kwong Wing)

香港映画「インファナル・アフェア(無間道)」の劇中で効果的に流れる。ノリが良いようでもあり、くたびれた気だるい雰囲気も漂う魅力的な曲。


■Requiem For A Dream

米映画「レクイエム・フォー・ドリーム」の主題曲。登場人物は薬物を巡り全員自業自得の果てに絶望へと堕ちてゆく。救いのない物語への不安を更に煽り立てるような暗さと深さのある切実な名曲。


■Frozen
(Madonna)

マドンナさんにはまったく詳しくないのだが、発表当時の1998年にひと聴き惚れ(?)をし、シングルCDを購入せずにはいられなかった。静かで暗い青色が世界を覆っているような、独特の雰囲気に浸れる素晴らしい曲。


■While My Guitar Gently Weeps
(Jake Shimabukuro)

世界に名だたるウクレレプレイヤー、ジェイク・シマブクロ演奏によるビートルズの名曲。四弦のウクレレ一本で弾いているとは到底信じられない技術と表現力はもはや魔法そのものとしか思えない。聴き惚れずにはいられない。
ちなみに、ジェイク演奏の大好きな曲はほかにも山ほどある。


そのほかにも、やはり映画には特に良い曲が豊富にあると思います。

「ザ・ロック」の主題曲なども、体の中から何かを漲らせ奮い立たせてくれます。

もちろん、前述した「スタンド・バイ・ミー」の主題歌もとても好きです。

 



トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2016年10月