トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2014年8月



 




8月31日(日)

コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属

まぎれのない白鳥の湖。

コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属

白く長く優雅。(気性はわりと荒いらしい)

コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属

コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属

コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属

大降りの雨。

コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属

水鳥大騒ぎ。左後ろのお方が気になる。

コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属

ろくろ首という言葉を思い出すのは私だけではないはず・・・

コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属

コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属

コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属

コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属
コブハクチョウ(瘤白鳥)/カモ目カモ科ハクチョウ属





8月14日(木)

エゾシマリス(蝦夷縞栗鼠)/ネズミ目リス科シマリス属


希望していたエゾシマリスさんに、ついに会うことができた!
期待通りのかわいらしい容姿で、動きはエゾリスと同様でとにかく俊敏。なかなか一箇所におとなしく留まってはくれません。あっという間に遥か彼方に姿を消し、時折思いも寄らぬ方向からひょっこりと目の前に現れる。まるで手品を見ているよう。ふと立ち止まる一瞬を狙って2時間粘った朝でした。


エゾシマリス(蝦夷縞栗鼠)/ネズミ目リス科シマリス属

エゾシマリス(蝦夷縞栗鼠)/ネズミ目リス科シマリス属

エゾシマリス(蝦夷縞栗鼠)/ネズミ目リス科シマリス属

エゾシマリス(蝦夷縞栗鼠)/ネズミ目リス科シマリス属
エゾシマリス(蝦夷縞栗鼠)/ネズミ目リス科シマリス属


こちらはおなじみエゾリスさんですが、写真に撮るのはだいぶ久しぶり。夏は少々スレンダーボディ。
→冬のエゾリスさん


エゾリス(蝦夷栗鼠)/ネズミ目(齧歯目)リス科リス属キタリス種


貫禄溢れる木にリスたちは棲まう。



先月の日記で紹介したマガモ母子の様子を見に近所の公園に行きました。3羽に減っていた子ガモは、どうやら2羽になってしまった模様・・・

でも元気。

ハトさんカットイン。

そして、池の違う場所には、別の子だくさん一家の姿が!

マガモ(真鴨)の子供たち/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)の子供たち/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)のお母さんと子供たち/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)のお母さんと子供たち/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)の子供たち/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)のお母さんと子供たち/カモ目カモ科





トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2014年8月