トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2014年6月



 




6月22日(日)


通りすがりの道端にて。素晴らしく目が大きく、実に絵になる可憐な猫でした。


公園再び。前回の日記では会うことが叶わなかった、子ガモちゃんズに対面!

マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科

時に木の上から意味深長な視線を送るカラスの存在に、時に同じマガモの別の集団との諍いに気を配りながら、お母さんは一生懸命8羽の子を見守っていました。

マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科
マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科

マガモ(真鴨)の赤ちゃんとお母さん/カモ目カモ科


この日は、蝦夷梅雨とも呼ばれるような雨続きの天候を終え、約二週間ぶりに晴れた土曜ということもあって、園内に人出がとても多く、活気に満ちていました。
中でも子ガモは皆の熱く優しい眼差しを一身に受け、行き交う人々の関心を集めていました。

ちなみに、カモ類の父親はどうも子育てには参加しないのが定石らしく、どの殿方もあちらこちらでのんびりくつろいでいました。そんな殿方を指しながら、「ほら、全然役に立たないのよ」との何やら実感のこもった年長のご婦人同士の会話が耳に入り、思わず吹き出したのでした。

マガモ(真鴨)の雄/カモ目カモ科
マガモ(真鴨)の雄/カモ目カモ科






6月13日(金)


12日の朝
、小雨ちらつく中、近所の公園まで歩く。(近所=自宅から片道5km圏内)
4月にもマガモ目当てで訪れ、その時は思いがけずオオセグロカモメと出会ったのであった。
今回も、そろそろ子ガモが誕生している時期なのではとの期待を寄せつつ、池に目を凝らす。

ん・・・? またもや見慣れぬ立ち姿。

アオサギ(蒼鷺 Ardea cinerea)/コウノトリ目サギ科アオサギ属

アオサギ(蒼鷺 Ardea cinerea)/コウノトリ目サギ科アオサギ属


あとから調べたところ、こちらの方はアオサギさん。またしても嬉しい初めての対面である。
かなり距離が離れていたため、残念ながらその全身を大きく写すことはできなかったが、遠目でも緑の風景と調和しとても絵になる姿に感激した。

アオサギ(蒼鷺 Ardea cinerea)/コウノトリ目サギ科アオサギ属

アオサギ(蒼鷺 Ardea cinerea)/コウノトリ目サギ科アオサギ属

アオサギ(蒼鷺 Ardea cinerea)/コウノトリ目サギ科アオサギ属


マガモさん(雄)にもちょこっと会いました。



だんだん雨も大粒になりはじめたので、今回は子ガモは諦めて引き返そうと公園出口方面に向かうと・・・

!!

全身からほとばしる「なによあんた」感、「さつえい?ちょーメイワクなんだけど」感。
相手は無言でも意思疎通は完璧である。

とにかくマイペースでずんずん歩いてゆく。
・・・あの、恐縮ですが少しだけ撮らせてくださいますか。「ふん、勝手にすれば」 と言われたことにして、しばしつきまとう。野良さんにしては、やや太めだろうか。(失礼)


長く厳しい冬を越えることが難しいせいか、札幌在住となったこの4年の間というもの野良猫を見かける機会が本当に少なく、やけに新鮮に感じられたひと時であった。



同じく小雨ちらつく別の日の早朝、久しぶりにやや遠くの公園まで歩いて行ってみることにした。
オシドリが数羽、やや暗めに緑を映した池に姿を現してくれた。これからこの場所で今年も子オシドリが生まれ育つのだろうか。また近いうちに様子を見に出向こうと思う。





トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2014年6月