トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2014年5月



 




5月23日(金)


子ぎつねに初めて遭遇した過日19日。
足と言うより「あんよ」と表現したくなるような、あどけない印象。後姿だけでも思わず顔がにやける愛らしさだった。
草むらの中で待つ親ぎつねの元へたどたどしく歩む、僅かな時間。

キタキツネ(北狐)Vulpes vulpes schrencki/イヌ目イヌ科キツネ属

キタキツネ(北狐)Vulpes vulpes schrencki/イヌ目イヌ科キツネ属

キタキツネ(北狐)Vulpes vulpes schrencki/イヌ目イヌ科キツネ属

キタキツネ(北狐)Vulpes vulpes schrencki/イヌ目イヌ科キツネ属

キタキツネ(北狐)Vulpes vulpes schrencki/イヌ目イヌ科キツネ属

キタキツネ(北狐)Vulpes vulpes schrencki/イヌ目イヌ科キツネ属
キタキツネ(北狐)Vulpes vulpes schrencki/イヌ目イヌ科キツネ属


お母さんと思われるきつねの眼差し。まぎれもなく警戒する視線だろう。
お子さんに危害を加えるつもりは毛ほどもありません。かわいい姿を撮影させてくれてどうもありがとうございました。

この19日は、前日の洞爺湖マラソンに参加して見事42.195kmの完走を果たした我が姉(千葉県在住)が私の住む札幌に寄ってくれた日だった。
昼から二人で藻岩山に出かけた。空は晴れ渡り、気温もどんどん上昇し、春と初夏が混在するような陽気と景色だった。

ロープウェイの入り口付近には八重桜。

はらぺこ姉妹はまず軽食で腹ごしらえ。クリームチーズのプレッツェルがとてもおいしかった。

藻岩山のマスコットキャラクターは「もーりす」さん。
黒いうさぎか?と思いきや、どうやらエゾリスらしい。大変失礼をいたしました・・・


清々しい空気に満ちた山頂からの風景。

まだ少し雪の残る山も見えた。

反対側は対照的にビル群が立ち並ぶ札幌市内の様子。


あまりに気持ち良い空気に、帰りは歩いて下ることで意見が一致。
繰り返すが、姉は前日にフルマラソンを走り切ったという状態である。

ここからひたすら山道を歩き続け、下山のはずなのにやけに登りが多いことにやや疑問も感じつつ、ついに車を停めてあるロープウェイ入り口前の駐車場とはまったく違う地上に辿り着いた。

ロープウェイ入り口前の駐車場に戻るため、見知らぬ町を歩く。新鮮で楽しい。
私は自宅から5kmくらいしか離れていない場所にいるはずなのだが、姉と共に大いに旅気分。


この後、冒頭のきつねに出会う。
山道をあれほど歩いても野生動物には遭遇しなかったのに、普通の車道の脇にあるささやかな草むらで出会うとは面白いものだ。




5月11日(日)


5月に入り、札幌でもついに桜が咲いた!
住まいの隣の公園で、桜まつり2014を今年も10分間。
桜とはやはりいいものだ。青空にも夜空にも映えて、人の心を動かす力を持っている。

同じ場所の景色とは思えない夜桜。



近所の公園にて。桜も梅もチューリップも、カタクリもエゾエンゴサクもムスカリも、みないっせいに花盛り。


春とはなんて素敵な季節なのか。町中に花の香りが満ちている。
道ゆく人々も嬉しそうに桜を見上げたり、写真を撮ったりしている場面に頻繁に出くわした。みんな春を待っていたことがよく伝わる。私ももちろん例外ではない。個人的には冬場の雪景色もとても好きなのだが、いかんせん何より厳しい寒さが色々なものを萎えさせるのもまた事実。体が冷えないと単純に楽だし、動こうとする意欲が湧くものだ。





トップページ > 日記・雑記帳 > 過去日記 > 2014年5月