トップページ > 友禅和紙の手作りハードカバー製本(上製本)




完全手作業のハードカバー製本(上製本)のご案内です。
書店に並ぶ機械製本のように完璧な出来とは言えないかと存じますが、
手作りのあたたかさは加わります。
ご家族やご親戚、ご友人やお知り合いに贈りたいオリジナルの詩集・
歌集・自分史・エッセイ・小説作品など、丁寧に形にいたします。

ご依頼は一冊から承ります。私家版/私家本の作成をお考えで、
そんなにたくさんの数量は必要ないからどうしようかと悩まれる
場合にもぴったりでおすすめです。

*こちらで紹介している本の依頼主は、店主(製本した人)・
滝本涼子の身内であるため、画像の表紙著者名部分もその
まま掲載いたしております

【ハードカバー製本】

・本体サイズ:
縦18.8cm横13.5cm -閉じた状態-
・一ページの用紙サイズ:B6(縦18.2cm横12.8cm)



手作り製本 ハードカバー


製本 手作り

装丁に用いる友禅和紙の絵柄は、ご相談に応じてご提案させていただけます

本のサイズは縦18.8cm横13.5cmで、一ページがB6サイズとなります

印刷にはごく一般的なインクジェットプリンタを用いており、本文は基本的
  にテキスト(文章)のみのご対応となります

表紙や背表紙に直接文字を印刷することはできませんが、表紙にのみ、
  ご希望に応じてタイトル枠をお付けすることも可能です

ページ数は、100〜200ページほどまでを目安とさせていただきます



用いる材料やページ数などにもよりますが、一冊価格の目安は8,000円〜
  10,000円(税込)ほどを見ていただければ幸いです。
  これは、原稿作成・校正・印刷なども含む全ての工程をまとめた製本価格
  となります

製本作業には、大変時間がかかります。制作期間は数量によっても大幅に
  変わって参りますが、10〜30冊ほどでも通常数か月以上は見ていただければ
  幸いです

お問い合わせ・ご相談・制作ご依頼など、メール または お問い合わせフォーム
  よりお気軽にご連絡ください


 


手作り 私家版
*表紙にタイトル枠を設けないイメージ例

           


自費出版 一冊



ハードカバー 製本 一冊から  製本 歌集

製本 b6  製本 奥付


私家版 手作り

ハードカバー製本

私家版 本

製本 花布


私家出版

製本 オーダー

歌集 手作り

上製本 装丁


ハードカバー 製本 一冊から

上製本 手作り

私家出版 オーダー

上製本 表紙


上製本 オリジナル

製本 しおり

製本 四六判

製本 オリジナル


上製本 歌集

歌集 手作り

上製本 手作り

歌集 私家出版


上製本 手作り

私家出版

上製本 装丁

私家版 奥付





30冊の歌集制作ご依頼にあたり、
まずは印刷原稿を作成します。

手元にいただいたデジタルデータ
に基づき、紙の資料も用意しつつ
ワードを使い1ページずつ作って
ゆきます。全部で120ページほど。

目を皿にして注意深く確認を重ね、
その後校正などの段階に進みます。



B6サイズの書籍用紙を用い、
両面に印刷してゆきます。
ごく一般的なインクジェットプリ
ンタを使用しており、紙質やその
他の事情から、基本的に一枚毎に
手差しです。

その都度インクをきちんと乾かす
点も大事です。



印刷した原稿をページ順に揃え、
きっちり形を整えます。

厚紙で挟み、大型クリップで
しっかりと固定します。

クリップの跡を原稿に付けない
ため・全体を保護するために、
硬めの厚紙が必要です。



背になる部分に、のこぎりで切り
込みを入れてゆきます。

大体5mm間隔、深さ2-3mmを
目安にし、とにかく均等な溝を
作ることを心がけます。

用紙がばらけたりしないように
するために大切な工程となります。




全体に切り込みを入れると、
このような感じになります。

約40か所くらいに溝を設ける
形です。



製本作業を幾度か重ねるうちに、
「背」というものが本において
いかに重要な部分なのかを痛感
するばかり。図書館で借りる本
の見方も変わりそう。



切り込みを入れた背部分に、
接着剤を貼付してゆきます。
爪楊枝を使い一つ一つの溝に
しっかり入れ込んでから、
全体に数度塗ります。



貼付し終わると、このような感じ
になります。

このまま一日ほど置き、完全に
乾かします。




乾いて固まったら、次の工程に
移ります。

厚紙を外しましたので、ここから
は原稿(本文)の扱いにより慎重
さが求められます。



見返し部分となる用紙を、本文の
大きさに合わせて切り、接着して
ゆきます。

色は落ち着きのあるグレーにしま
した。



見返しが付き、ちょっと本らしく
なってきました。

しかしながら、まだ先は長い
道のりです。
見返し部分の扱いにも、要注意。



背の方から見ると、まだこんな
感じです。
なにやら哀愁も漂います。

それなので、次の工程で一気に
背部分を攻めます。




白和紙、寒冷紗(かんれいしゃ)、
しおり紐、花布(はなぎれ)、
クラフト紙。それぞれを適した
大きさに準備して貼り込みます。



一番手、白和紙。
続いて、寒冷紗。
三番目はしおりと花布。
最後に、クラフト紙。



色々貼られた本文は、このまま
一日置いて乾かします。
極端な湿度の高低には注意が
必要です。



本文を寝かせている間に、2mm
厚の芯ボールと友禅和紙などを
用いてハードカバーとなる部分を
作成します。




本文とカバーを貼り合わせて
ゆきます。

ここで少しでも何かを失敗すると、
これまでの工程全てがおじゃん
になるという、大変緊張感の伴う
作業となっております。
当たり前ながら、気が抜けない
作業の連続です。



うまく合体でき、ほっと一息。

余計な所に接着剤のあとが付く
しおり紐に接着剤が付く
見返し用紙が曲がる・よれる
うっすら爪のあとが付く
カバーと本文の位置が微妙にずれる
など、悲しい出来事を乗り越えた
先に完成があります。



いそいそと溝入れ作業などもし。

余談ですが、この道具は店主が
10代の頃漫画家の卵をしていた
時にスクリーントーンという演出
効果を貼り込む際に使っていた物
です。何十年も経てまた違う用途
で活躍してくれるとは、面白くも
あり感慨深くもあります。



重ねてしっかり押さえた状態
で乾かしてゆきます。
一日以上はこのままそっと
します。決して動かしては
なりません。

問題なく製本できていること
を信じつつ。




無事に本になりました。
ここまでくれば、あと一息です。



しおり紐と花布も、しっかり
付いています。

上製本 手作り



次に、表紙に設けるタイトル
装飾を作成します。



枠部分の土台は、1mm厚の
イラストボードを使用。




ずらり。
なにやら表札みたいなことに。



いざ、表紙の中央に貼り込んで
ゆきます。



ここで少しでも何かを失敗したら、
すべてが台無しです。もはや
無の境地で丁寧に扱います。

上製本 手作り



今度はタイトル付きの状態で、
重しをしながらしっかりと
乾かします。




一冊ずつ全てのページをめくり、
不備がないかを確認します。



一冊ずつ透明の袋に入れます。
こうして長い時間を経て、30冊
が揃いました。



少し気分を変え、おまけのしおり
を作ってゆきたいと思います。
常に付属する訳ではありません



歌集題名の「勿忘草(わすれな
ぐさ)」の押し花パーツを事前
に取り寄せていました。




別の押し花もいろいろ用意し、
初めてのラミネーターも導入
して、押し花しおりに挑戦。



穴をあけてサテンリボンも結び、
まあまあうまくいったかなとの
感触です。



しおりも個装し、これで全ての
制作が完了しました。




手に取る皆様に好んでいただ
ける装丁の一冊であることを、
心から願いつつ。

ハードカバー 製本 一冊から



トップページ > 友禅和紙の手作りハードカバー製本(上製本)